[コラム]スタートアップのマネジメント

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-10-29-03

500 Startupsの創業パートナーが語る「組織が100人を超えたときに起こり得る6つのこと」

とても興味深い記事だった。
自分自身も、ここ数年ずっとスタートアップに所属し、かつプレイヤーではなく、マネージメントレイヤーで動いており、時には経営にも参加する立場として様々な場面に遭遇してきた。

前回はマネジメントについて記載したが今回もその延長上で考えていきたいと思う。

スタートアップ初期

毎週何人も経験もそこそこな人達が入ってくる。
経営者も、そこまで経験がなく若い場合が多く、会社は一気に膨れ上がって組織されてない会社はもはや動かない車。寄り道であればまだいいが、動かない。むしろ後退しているのではないか。
方針はわずか1週間で変わったり、プロジェクトが止まったり。社員は毎週辞めていく。
こんなスタートアップは多いのではないかな。
スタートアップ初期、資金があっても、人は一気に増やさない。
シンプルだがこれに尽きる。ベンチャー企業は何も整備されてない。ボーナスなんてないも当然。
きちんとしたベンチャーやスタートアップで経験のあるマネージャーがジョインした後、人を段階的に増やしていく。

スタートアップ中期

組織もそこそこ大きくなり50人規模になってくる。
まだ管理部門などは、そこまで組織化されてなく、社員などは直接社長などに、質問をダイレクトに投げたりしている状況。
このくらいの時期には、マネージャーもいるし、組織化しないと優秀な人材はすぐ引きぬかれてしまう。
このくらいの時期にはきちんと会社の方針、目標を全社員と共有したほうがいいと思う。
この会社はどこに向かっているのか、その目標を達成したら何が得られるのか、もちろん報酬の対価としての給与、そして次の大きな仕事。
1on1で密にコミュニケーションをとる。
会社目標はこれ。あなたの達成したい目標はこれ。それに対する報酬はこれ。メンバーの意見をアウトプットできる場を提供する。

これは海外のスタートアップ、国内のスタートアップ関係なく、
雇う側(使用側)、雇われる側(使用される側)の人間は全く価値観、考えが違うという大前提の元、運用を進めなければならない。
若い経営者は、ここを結構勘違いするような気がする。皆が皆、経営者(起業して、社会貢献するのだ!)と同じ考えでは無い。
もし、価値観に合わない社員、たとえ優秀な社員がやめても構わないと思っている経営者であればいいが、基本業績は、一部の優秀な社員に引っ張られることが多いため、離脱は業績に連動して悪くなるだろう。

スタートアップは、ここの価値観の違いで様々な摩擦が起きる。働いていて、最初はそれがエキサイティングと思うが、それが続くと疲弊する。
この課題をゼロにすることは不可能だが、ある程度防止することは可能なのではないか。

− 一気に社員を増やさない
− 密にコミュニケーションをとる(1 on 1)
− 目標の提示
− それに対するメンバーの目標とインセンティブ

じぇーむす

じぇーむす

誰かにシェアしたくなるような記事を届けていきたいです。 合計海外在住歴2年半で惨敗して帰国。 海外に住むことによって、20年前のバブルの日本は徐々に無くなっていってることを痛感しました。日本のプレゼンスをもっと上げるために記事を書いて、日本をもっと後ろの方からガンガン刺激していきたいと思います。 私のバックグラウンドとしては、ソフトボール→駅伝→ロンドン短期留学→バンド→WEBエンジニア→オーストラリア留学→プロデューサー→事業部長→マネージャー(海外勤務)、あたりを十数年です。 記事が良かったら是非Facebookで(・∀・)イイネ!!お願いします!喜びます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です