[コラム]Uber EATS使ってみた@シンガポール

UberEATSをシンガポールで使ってみましたが、とても良い。やっぱりピザ以外も頼みたいです。

シンガポールはとても小さい国なので、ほぼ全域をカバーしております。店も始まったばかりですが100弱くらいありそうです。
今回は、GONCHAでミルクティーを買ってみました。まずUIが素晴らしく、各お店によってカスタマイズされている。
GONCHAの場合は、砂糖の多さや氷の量なども選べる。(店によってカスタマイズされている)
注文も3画面くらいで終了だし、遷移もストレスがない。
おまけに過去にタクシーUBERを使っていたので面倒なクレカの入力もなかった。

またキャンペーン中であったため、手数料も0円でした。紹介料キャンペーンで1000円のクーポンがもらえたので、GongChaもただ。

予約した後の画面はこんな感じです。

picture_pc_c69ba4823b171c044d2b30b484706e35

もちろん、今どこにいるかや後どのくらいで到着するかなど、画面で確認。出発や到着もiphoneの通知がきます。

30分もしないうちに到着しました。

(ドライバーも晒させてもらいますw)とてもフレンドリーで片手にはもちろんスマホ

−UIが素晴らしい
−ボタン操作でいつの間にか届けてくれる魔法感
−ドリンクだけでも届けてくれた。
−ユニフォームを着ているため、安心感がある(普段着で来られたら次頼む可能性低いと思う)

私の主観になりますが、タクシーのUberはUIが煩雑で予約の仕方、料金などがわかりづらいのが難点でした。以前に記載しましたがシンガポールではGrabというソフトバンクが何百億出資しているタクシー配車会社がドミナントしており、ほぼUberの入る余地は今のところありません。感覚地ですが、UberはGrabの1/20くらいの予約回数じゃないかと思います。

やっぱり世界を変えるってこういうことだよなって改めて感動しました。

じぇーむす

じぇーむす

誰かにシェアしたくなるような記事を届けていきたいです。 合計海外在住歴2年半で惨敗して帰国。 海外に住むことによって、20年前のバブルの日本は徐々に無くなっていってることを痛感しました。日本のプレゼンスをもっと上げるために記事を書いて、日本をもっと後ろの方からガンガン刺激していきたいと思います。 私のバックグラウンドとしては、ソフトボール→駅伝→ロンドン短期留学→バンド→WEBエンジニア→オーストラリア留学→プロデューサー→事業部長→マネージャー(海外勤務)、あたりを十数年です。 記事が良かったら是非Facebookで(・∀・)イイネ!!お願いします!喜びます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です