シンガポール発フリマアプリ Carousell

fb-og-v3

2012年5月スタートのシンガポール発のC2Cアプリ。ジャンルはオール。

シンガポールを拠点に、マレーシア、インドネシアへ進出している。モバイルファースト。DAU 170,000 MAUは約 700,000(2014/11時点)
資金調達は、セコイア・キャピタル、楽天などから計$6M現在は、手数料などは無料でユーザ獲得にフォーカス。
採用も積極的に行っている。東南アジア(シンガポール)では、Carousellが頭ひとつ抜きん出ている。現在は1分毎に平均8件の取引が成立しており、ユーザーはアプリ利用に1日あたり25分間費やしているという。

Carousell売上予測(2014年11月情報)
8(1分あたりの取引) x 60 x 約20時間(日当たりの稼働) = 9,600 取引/day
9,600 x 2,500円(推測ARPPU) = 24,000,000万円取引/day
24,000,000 x 1month = 720,000,000円取引/month
年間で約70億円前後の取引量だろう。
720,000,000 x 10%(手数料) = 約72,000,000円の売上と推測
※まだ手数料は無料で、ユーザ獲得に集中している模様。
①プレミアムモデル、手数料などを検討中とのこと

Carousellという数十億調達したスタートアップが圧倒的に、東南アジアを席巻している。ほかを寄せ付けていない印象。
現在は、マレーシア、インドネシアにも進出し、50億前後ある資金を元手に一気にドミナントしようとしている。現時点では課金を行っていないもようで、ユーザベースを獲得中。課金モデルは、広告もしくはプレミアムモデルを採用しようとしている模様。現在は、30名前後のチーム構成でオフライン広告をメインにファンを増やしている段階。日本発メルカリは、日本では圧倒的な地位におり、現在はアメリカ、ヨーロッパを中心に攻めているようだが、M&Aなども含め、どう世界制覇していくのか、今後東南アジアへどう展開していくか楽しみである。

今後のメルカリに期待していですね。

参考:https://carousell.com/

追記:2016/11/17

東南アジアで人気のフリマアプリ「Carousell」が収益創出にそろそろ本腰?——中古車売買アプリの「Caarly」を買収

じぇーむす

じぇーむす

誰かにシェアしたくなるような記事を届けていきたいです。 合計海外在住歴2年半で惨敗して帰国。 海外に住むことによって、20年前のバブルの日本は徐々に無くなっていってることを痛感しました。日本のプレゼンスをもっと上げるために記事を書いて、日本をもっと後ろの方からガンガン刺激していきたいと思います。 私のバックグラウンドとしては、ソフトボール→駅伝→ロンドン短期留学→バンド→WEBエンジニア→オーストラリア留学→プロデューサー→事業部長→マネージャー(海外勤務)、あたりを十数年です。 記事が良かったら是非Facebookで(・∀・)イイネ!!お願いします!喜びます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です